荒ぶる妖精さん

B'zさんと倖田さんと、アイドルと。

初めてNEWSのライブに行ってきた 〜セトリ順編〜

 

NEWS ARENA TOUR 2018 EPCOTIA
2018.04.07-08 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

 

ツアー終了!お疲れ様です!ということで、仙台公演の感想をアップします!前にあげた個人編とは別にセトリ順に書いてます!仙台公演直後に書いたものです。 

 

 

 


NEWSファンのお姉様方にお誘いいただき、初めてNEWSのライブに行ってきた。結論から言うと、最高のエンターテイメントすぎてショックを受けて帰って来た。
私は嵐やKinKi Kidsが好きでこれでも一応ジャニーズを通ってきた人間だ。こんなこと言ったら怒られるかもしれないが、正直な話今までの人生でNEWSに興味を持って生きた瞬間なんて1ミリも無かった。いや、それは嘘だ。興味はあったかもしれない。「NEWSって音楽も衣装もおしゃれだよなぁ」「髪色が全員違うよ、アニメかよ」と思ったことが何度かある。歌が上手いオシャレなグループという認識。だからこそ今回誘われた時、行ってみたい、新しい世界を見てみたいと思った。そう、新しい世界が欲しかったんだろうなぁ私は。もしかして嵐やキンキの世界に飽き飽きしていたのかもしれないな。もちろん嫌いとか全部飽きちゃったとかそういうことではなくて。単純に自分の中に、別の世界が欲しかった。

 

そしてライブに行くことが決まってから、貴重なチケットを頂くのにこんな少なすぎる知識で行くのは許されないと思いNEWSについて猛勉強した。シングルやアルバム、映像作品に至っては全て見た。NEWSな2人という番組をやっていることも知り毎週録画にした。そうやって勉強していくうちに、発売されたばかりのNEVERLANDを見てまんまと加藤シゲアキという沼に片足を突っ込んだ。これは…ライブに行ったら確実に両足をとられる…と覚悟した。

 

さて。NEWSという新しい世界は、私の中に居場所を見つけたのか。その答えはこの感想文の最後に書こうと思う。

 


と、最近どういうテンションで書いたらいいかわからなくて堅苦しい感じになってしまっていますが、ここからはいつもの感じでふざけた感じで書きたいと思います。前回のB'zは簡潔に!読みやすく!を目標にして書いたので自分的にはまとまってたなと思っているのですが、今回は感情のままに書きます!読みにくいかもしれません!先に謝っておきます!(笑)それから今回も長ったらしく書く予定ですが、NEWSに興味を持ち始めてまだ三か月ちょいの新参者が好き勝手言ってやがるぜこの知ったかぶり野郎!!!!と思いながら読んでほしい。本当に知らないことばかりなのに好き勝手書きます。お願いだから石は投げないでほしい。柔らかい土くらいなら受け止めます。←

 

 

 

とりあえず会場に入る前に衝撃を受けたことをここで書きたい。入場するために並んでいる時、当日発券のチケットのためか発券機付近でチケット受け取った人たちの「ぎゃーーーーー!!!!」という叫び声が至るところから聞こえて、なに!?なにが起きてるの!?とびっくりというより普通に恐怖。ここは動物園か。まぁ、ある意味そうですよね。(?)

 

席は1日目はスタンドの後ろの方!でもステージが円形ステージでどの席でも距離感が同じであまり遠く感じませんでした。全体を見渡せる。2日目はアリーナの前から7列目!なんということでしょう!近い!ライブのコンセプトに合わせた雰囲気作りのためか会場内は薄暗くて、足元が見えない。天井には様々な惑星が吊るされてあり、これまた雰囲気作り完璧だな~と見渡していたら東側の一つの惑星がグイーンと上にあがっていって、えっ!?上下すんの!?そこまですんの!?と思っていたら、そのひとつが上にあがっただけでその他の惑星は全く動かず、ただの微調整だった疑惑。なんやねん。開演までの間、アルバムの特典映像?が流れていましたが、その映像に対してもメンバーひとりひとりに歓声をあげていて、NEWSファンはすげぇなと思いました。でも、でもね、露骨だなと思ったのよ。歓声の大きさが。手越さんが群を抜いて一番の歓声だったし、シゲさんはかわいそうなくらい少なかった。みんな平等にしてやれよ~~と思ってしまった。(って言いながら私は言ってないけどw)でもあれかな、類は友を呼ぶ的な?シゲさんのファンはシゲさんに似て、ちょっとおとなしめなのかな。ってことにしとく。じゃないとシゲさん傷ついちゃうじゃん。

やっと本編に入りますが、2日分をまとめて書きます。2日分をそれぞれ書く気力がありません(笑)基本7日ベースで、8日はこう見えました的な感じでまとめて書きます。お許しを。

 

 

1.EPCOTIA
最初のINTERが終わってステージ上に出て来たロケットの上にドーンと登場するかと思いきや、そのロケットはいわゆる空気が入った風船のような軽いものでジュニアがそれぞれ持ち、四方八方にロケット分解されバラバラに散らばっていくのを見て、そこでもうやべぇー!!とテンションが上がる。低予算で高演出、最高やんけ。どっから登場すんねん!?と思ったらなんと上から吊るされて無重力を表現しとるがなーー!!!!度肝抜かれた。4人とも態勢がバラバラで、ひとりは寝っ転がるように横向きだったり、ひとりは逆さ吊りだったり、まさに無重力。1日目は誰が誰だかちょっとよくわからなかったんだけど、2日目は席が近かったから見えた。たぶん逆さになってたのはシゲさんだったと思う。ていうか、 みんなあの態勢で普通に歌うのはかなり大変なのでは!?凄い。衣装はたぶんみんな同じ形かな?首元まである感じが宇宙服って感じがした。この曲はNEWSのアルバムのリード曲って感じ~~!!うん、単に私のイメージ~~!!いや、でも本当にそう思う。ガツンと突き抜けるイメージ。Aメロの宇宙船の中にいる静かなワクワク感と、サビで自分ロケットですか星ですかぐらいの勢いでばびゅーんと宇宙を突き抜ける感じが最高。ばびゅーんって言い方全然突き抜けてる感じしないけど(もの凄いスピードってことを言いたいだけ)歌詞の「ネガエバ」って何?って最初に思ったけど「願えば」をカタカナにしただけですか。なんかの略かと思ってググったじゃん、ばか。頭悪いみたいじゃん、ばか。英語の中に急にカ タカナとかやめてよ、ばか。「ずっと夢に見た明日は来た/世界は群青」ってとこが最高に爽快で気持ちいい。「Neptune and Mars」の英語歌ってます感が好き。


2.KINGDOM
シゲさんソロパートの手越さんコーラス部分、PA卓に行って手越のマイクの音量ガッと下げてやろうかと思ったぜ。でけぇんだよ声が(笑)でも「It's my Kingdom」のシャウトは最高でした。これを聴きたかったの。一曲目のEPCOTIAで着ていた宇宙船みたいな衣装を脱ぐと、全身真っ赤の衣装。しかもそれぞれのキャラに合った形になっていて素晴らしかった。1日目、シゲさんってあんまり細くないんだなと感じたのを思い出した。背中がいい感じだった。(いい感じの意味は何)この曲はまさにNEWSって感じがする。それぞれグループに、またこういう系統の曲?みたいなのがあると思ってるんだけど、それ。こういう感じの曲NEWSにたくさんある気がする。たぶん私、数曲ごっちゃになって覚えてる(笑)今の4人体制になってからの、これぞNEWSの応援歌という感じがして好き。


3.TWINKLE STAR
覚えやすい振付が可愛くて最高~!!もっとがっつり踊るのかなと思っていたから意外。サビの最後は誰でも真似できる。4人がそれぞれステージの東西南北にわかれて歌っていて、1日目は確か私たち側はシゲさんでした。2日目は目の前に増田さん。髪の後ろがちょこんとハネてて可愛い。わざと?寝癖?いや、いくらなんでも寝癖はないだろう。その誰にでも真似できる振付の時、右向いて~はい左向いて~でこっちを見た増田さんが目に焼き付いて離れない。髪型のせいもあってかニコッと笑うと目がなくなる。(言い方)それが最高に可愛かったなぁ。あと、この曲にはじまり今回のライブはピンクの照明が多い気がした。イントロがPerfumeの「宝石の雨」と「Baby Face」を混ぜたようだなとアルバムを聴いたとき真っ先に思った。そういえばシゲさん、「Baby Face」好きって言ってたな。………どんな気持ちで聴いてるんだろうね??年下の男の子を可愛く思う年上のお姉さんの歌だよ??シゲさんどんな気持ちで聴いてるんだろうね??(下品な笑み)アルバムを聴いて曲順を見て、この曲がこの位置にあることで制作チームの自信が見える。まぁ、ここにしかハマらないけど。「もう世界は色のない~」の増田さんにすべて持っていかれた。増田、圧勝。曲名だけ見たら甘そうな曲だけど全くそんなことなくて、キャラメル色がしっくりきますな。(え?甘いじゃんって?黄土色を優しく言い換えたんですよ気づいて)
ていうか今気づいたんですけど、ライブを見ての感想とアルバムを聴いての感想がごっちゃになってて、それによってかなり長くなってますよね。………知-らね。←


4.紅く燃ゆる太陽
これは、けっこう古い曲!?でも知ってます。シングルは全部知ってます。会場のどよめきが忘れられない。やるとは思わなかった!的なことなのかしら。私的にこの曲、曲とタイトルが一致しないんですよね。なんででしょ。


5.LIVE
ごめんなさい、この曲こそ知らなかった。なに!?わっかんねー!!アルバム曲か!?と思って困惑してたら、ジュニアの皆さんがNEWSになんかつけてる…!!これは!!おぬし飛ぶな!?飛んだー!!んー!?既視感!!嵐!?ファイトソング!?と頭が追い付かない(笑)びよーんと無重力空間を彷徨うNEWSさん。2日目は目の前が手越さんだったんだけど、たぶんその装置をつけるのにジュニアの人がてこずっちゃったのかなんなのか。つけ終わるのに時間がかかっていて。その時の手越さんが、「落ち着いて、大丈夫、大丈夫」と言っているかのように頷きながら優しい笑顔でジュニアを見つめていて、素敵な人だなぁと思いました。1日目も2日目も増田さんがふざけていて可愛かった。シゲさんは、何かに憑りつか れたかのように何度も逆さまになっていて精神状態を心配しました(余計なお世話)小山さん…こっち来た?それから、画面に文字が出ていて、それがただの字幕的なものじゃなくて一つ一つデザインされたようになっていて良かった。


6.LPS
宇宙にて、突然雪が降り始める事案が発生。(ぴーぽーぴーぽー)(何故)この曲に冬にイメージが1ミリも無かったから超びっくりした。なんか画面の中で雪降ってますけど!?と思ったら雪の結晶の他にニコニコマーク?LPSマーク?も降っていて可愛かった。西側のスタンドに沿うようにトロッコが4つ連なり、そこに登場したNEWSさん。衣装が銀でキラキラしててキラキラしててキラキラしてて(三回続けて言ったのは目がチカチカしすぎてどうなんだっていう抗議)でもこの衣装どっかで見たことあるな~~こういうダボッとした体にすっぽり被せたかのような衣装はNEWSでよく見る気がするから、気のせいか。いつも思うけどめっちゃ重そうな衣装。そして、2日目。シゲさんがぁ、こっちに手を振ってるぅ!!心の中で 「うわぁあああ!!シゲさんんん!!」って感じじゃなくて、「シゲェェエエ!!ウッヒョオ!!」ってなってたんで、テンションはあがってました。なんかどうしても恥ずかしくて手を振れなくて、優しくペンライトを振りました。届いたはず。シゲの心には届いたはず。私のこの葛藤が届いたはず。←
この曲の感想としては。Love!Peace!Smile!と来たらYeah!!とか付けたくなるけどこの曲はどう考えてもそんなハッピー能天気ソングではない。大人が歌う落ち着いた愛と平和と笑顔の歌。沁みるぜ、心に沁みるぜ、身体に沁みるぜ。これが大人になるということかな(目を細める)そしてこの曲、ラストのサビまでソロパートで繋いでいくってのが最高で最高。しかもこのアルバムで唯一のシングル曲では!?凄い。「くそったれ」って言葉が急に出てきて普通にびっくりする。「涙までハレるような」のハレがカタカナなのは、スッキリして心が晴れると、涙の経験さえも胸張ろうぜがかかってるのかしら、なんて。MVも衣装もパッとしなくて、それが逆にいいなと思った。だって、そんなもんでしょ人間なんて。日常なんて 。でもどっかに愛は大事だよなんて思ってる心があったりする。何かないとそれは顔を出さないけど。あと、超個人的な意見だけど、この曲調小山さんに合わないと思う。聴いてるとすっげぇ歌いづらそう。しょうがない、合う合わないがある。


7.NYARO
この曲は盛り上がるよね~~こういう曲持ってるってかなり強みじゃん。イントロが好きすぎる。EPCOTIAには入ってないけど普段から好きでよく聴いてて、振付までは覚えてなくてとりあえず「NYARO!」のところは手をあげておきました。そのあとはよくわからん。なんか高速回転みたいなとこない??無理無理!初見でやったら手首やっちゃう!と思って速攻諦めてペンライトをただただ振りました。お許しを。


8.恋する惑星
うっぴょおおおおお(謎の奇声)曲も可愛ければ振付も可愛い。なんじゃこれ。トロッコで会場を一周して元の戻ってきた4人がメインステージのほうに降りて、4人横一列になって踊る姿が本当に可愛い。一番私たち側にシゲさんだったからガン見した。どっかの場面で顔がぎゅうぅぅ(>_<)←こんな感じになった瞬間があって、ぴぎゃあああああってなった(さっきから謎の奇声が凄い)ここでも画面に歌詞が出ていて、すっげぇ出すな!?と思った記憶。ていうか「無重力Planet love」って歌詞が最高~~!!!!


9.銀河ラプソディ(小山慶一郎)
コツコツと靴を鳴らして歩く映像に映画が始まったのかと思った。この曲は昔小山さんとやまぴーさんが二人で歌っていた曲なんですね。アルバムを聴いて初めて知りました。それってどうなんですかね、当時を知るファンはどういう感情なんだろう?気になる。アルバムを聴いた段階ではこの曲がソロ曲の中で一番好きでした。この懐かしい感じがたまらなく好き。金曜ナイトドラマのエンディングかな?どうですかお偉いさん!!主題歌にしたら絶対売れますよ!!いや、たぶんマジで売れると思うんだが(お前は誰だ)あと、小山さんは歌謡曲が似合いそう。すっごく合うと思う。あと女性詞。この歌詞は、夜の街のふたりの話だと思うけど、どっちも夜の人って感じ。同じ職業同士かなーなんて思いながら聴い ておりました。そして途中で映像が!叫び声が凄かった、、あ、歓声か(笑)その映像が終わってからの、あのシャツのはだけ具合!!この恋でボロボロになった後って感じか。たまんないね。


10.Sweet Martini
マジ、シゲポジ。(まじで目の前シゲさんポジションありがてぇの略)衣装がめちゃくちゃシンプルで、サテン生地みたいなシャツを一枚ぴろっと着てるだけだから踊るたびに背中の肉付きがわかって興奮した。そして例の振付。唇に手を持っていって目の前に差し出すような振り。こりゃたまらんわ。メンバーひとりずつ各方面にいて、天井と地面をつなぐ柱のような照明が素敵だった。ひとりずつワープしてるみたいだね。曲の後半は真ん中のステージにバーみたいなカウンターが出てきてお酒を飲みながらみたいな演出だったけど、1日目のカウンターが出て来た瞬間よく見えなくて、おっとまさかのDJ!?とか思った(笑)なんでエンターテイメントを作りすぎて一定の何かを越えると人はDJをやりだすんだろうなぁ …(DJ MJ!! DJ KUMI!! YEAH!!)あんま好きじゃねぇんだよなぁ(ここで愚痴らないでください)


11.madoromi
この曲、知らなかった。聴いたことない上に1日目も2日目も向こう側のステージだったから見づらくてこれといって印象が無い。画面にまたもやいい感じに歌詞が出ていて、いや、めっちゃ出すな歌詞!と突っ込んでしまった。


12.チャンカパーナ
メンバー同士のわちゃわちゃが凄く可愛かった印象。ステージの真ん中に手動で回せるカメラがあって、自撮り的な感じになっていて可愛かった。でもあれだね、歌が全然入ってこないね(今気づいた)フリーみたいなもんでしょ?次はどのメンバーがどんな仕草するんだろう?って気になって目で追っちゃう。2日目のほうがメンバー全員カメラに近かった気がする。さっきまでの衣装に羽織っただけの衣装替えだったけど、一気にカジュアルになって好きだった。好きなのよ、あぁいう衣装。色味が強くてもごちゃごちゃしたらステージ映えしないけど、アリだなってNEWSの衣装を見てから思うようになった。最近。あと、ここに書いちゃうけどシゲさんの下はなんなの?あの丈はなんなの?あの靴はなんなの?グループって最悪靴だけ同じにすれば振りが揃って見えるのよ。のよ。よ。


13.JUMP AROUND
きたーー!!これこれ!!これ凄く期待してた!!これ、後から知ったけど一回テレビでやったことあるんですね。知らなかった。もし踊るんだとしたら腰落として重心低くして踊って欲しい。細かい振りとかいらない。大げさにリズムとるだけでそれなりになると思う。と、勝手に妄想しておりました。まさにそんな感じの振付で大勝利。きたコレ。見入ってしまってクラップはできなかった気がします、許して。歌はねぇ、まっすっだっああああああああ!!!!(思わず叫んだ)って感じ。歌うまい人がラップしたらこうなりますって感じがして、普通に歌ってる時ほど癖がなくて聴きやすい。ラップが聴きやすいって、私みたいな音楽を上辺だけで聴いてる奴からしたらめちゃくちゃ有難い。優しい。からの手 越さんの歌声の安心感。そしてサビ。あれぇ?どこからか救急車が聞こえるなぁ?はい、無事気絶。吐きそう、なんか吐きそう。吐き散らしそう(クソ迷惑)sexy lady!!??sexy lady!!!!sexy lady????あぁ、星が見えるなぁ(天に召されました)


14.BLACKHOLE
ここにきてのこの振付ほんと大変だと思うわ。ご苦労さん。(何様だ)増田さんサングラスかけてた?この前の曲から?Tシャツの首元に引っかけてた印象が強いけど、してましたよね?あ、かっこいいー!って思った記憶があるから、うん、してた。シゲさんの「後ろから鷲掴むBody」のとき、自分の体を抱きしめるようにまさに鷲掴んでたのがエロいなと思ったけど、2日目も同じようにやってたから単に振付なんですね。なんだ、残念。自発的なものだったらもっとエロかったのに。


15.Thunder(増田貴久)
ライブで化けた曲ナンバーワン!(私の中で)アルバムを聴いただけじゃあんまりピンときてなくて。怖い。なんかこの曲怖い。黒い。真っ黒。増田さんという人間が歌うから余計に怖い。?マーク多すぎないか。そんな問いかけられてもわしゃ知らん。(そういうことじゃない)って感想だけがあったんですよ(笑)だからたぶんあんま聴いてなかったんですよね。でも、正直、このライブの中でこれが一番だった。ダントツで良かった。むしろこの曲の印象しか残ってないと言ってもいいくらい。増田さん株が一気にあがった。この一曲を歌うのにどれだけ精神削るんだろう。真っ黒なイメージの曲だったから、演出も最低限って感じがして色味がなくてそれが良かった。1日目、照らされたライトのほうに一瞬だけ顔を向 けた仕草が絵になりすぎていて記憶に残っている。うーん。なんも言えない。


16.氷温(加藤シゲアキ)
誰か、正しい解釈を教えて。大至急、連絡を。いや、これは正解なんてないんだろうな。聴いた人の分だけ見た人の分だけ違う。独特すぎて一歩先を行ってて突き抜けてる。ていうかこの曲、タイトルからしてしんどい。不毛な恋愛の最後を氷温って表す感じが腹立つ!!マジシゲアキ!!激おこ!!(全力で褒めてる)「テーブルに落ちてしまった氷が溶けてく」ってところで、え?不倫とか?と思ってしまった。本来あるべき場所ではなくて、そして絶対的に自分じゃどうしようもなくて、抵抗の仕様がない。「ドアの音せめて聴かせて」が相手に主導権を押し付けててマジシゲアキ!!(二度目)そして、持っていたライトみたいなものは、自分の感情か。たくさんのジュニアも持っていたそれは大衆性を表している のだろうか。ラストで相手役のジュニアが履いていたハイヒールをシゲさんが履いてライトが顔の周りを囲んで終わった瞬間、お互い様なんだよと見下ろされている感じがして寒気がした。ていうかハイヒールって米津玄師か!と真っ先に思った。例えばテーマを不倫と断定するならば、罪を罰を踏まずに(ハイヒール=汚物を踏まないためにとか聞いたことある)歩いていこうだなんて世の中(ライト)が許さないよ、いつでも見てるよ、なんて。同じだけの傷を負ってよ(相手に対して)、なんて。って思ったんだけどもうよくわからなくて考えるの疲れた!わかんないもん!(笑)2日目、またもやシゲポジで最高だった。そしてシゲさん、うまくハイヒールが履けない!!んんん頑張れ…!と祈ってしまった。理解できな いくらいがちょうどいい、謎の眼鏡も見なかったことにしてやるよ。あ、でも、それも意味ある?あれ色入ってたよね?それ越しに見たらあのライトの色わかんないよね。意味深やないか。しかも最初のほうステージが△みたいになってて上のほうにいたよね。なに?自分の地位?ジュニアの持つライトのほうを見下ろす態勢だったね。あーーーーーもうわけわからん(笑)解釈知りたいからシゲのQRコードくれ。背中あたりにあんだろ、見せろ。(なんだよシゲのQRコードって!!byMCのシゲ)


17.AVALON
さぁーくぅらぁっわーわーー(歌いだしちゃう好きすぎて)まいおーどぉれわーわーー(英語は全部わーわー)手越祐也だな、この曲は。2日目、めっちゃいい位置だった。ポスターにしたいぐらい絶妙な角度だった。4人それぞれ各方面に向かって歌っていて2日目が真ん前手越さんだったんですよ。後半、大量の桜の花びらがぶわぁっと降ってくるんだけど、その中で歌い上げる手越さんがあまりにも綺麗で目が離せなかった。風も吹いてて前髪がなびいてる光景も素敵で、そのまま美術館に飾れるわと思いました。この曲のラストか次の曲か忘れたけど、小山さんについていた花びらが1枚、自分の体のラインにそって落ちる様子を目で追っていて、なんだか儚くて消えてしまいそうだった。小山さん、消えたらあかんで 。お姉様方が泣くで。(たぶん小山は消えない)ふと思ったんだけど、あの花びらあんなに降らせといて客席側に降って来ないってどういうこと?風を使って来ないようにしてんの?なに?風の魔術師がいるの?とんでもないスタッフがいるチームなんだね。()この曲からまたまた上着だけ衣装替え。白いジャケットみたいな感じだった気が。これも人によって形が違った。そういうのほんと好き。それから、この曲はアルバムの中で一番重要な曲だと思った。


18.IT'S YOU
もうね、AVALONとIT'S YOUが混ざっちゃってんのよ。まぁ、どっちかよ。どっちかの記憶よ。察して。(むずぅ~~)歌いだし、増田さんとシゲさんが向かい合って歩いてきて交差する瞬間、そこでひとつのストーリーで出来上がってるんじゃないかくらい雰囲気があった。この二人の曲なのかな?ぐらい。んで、もうどこか忘れたんだけど手越さんが歌ってる時の増田さんのっていうか他のメンバーの振付が好きだった記憶。でもどこかわからないし、もはやどんな振りだったかも覚えてない。ただ、あぁ好き、とその瞬間思ったことだけは覚えてる(笑)1日目、シゲさんが動いた瞬間に足についたままだった花びらが10枚ぐらい一気にばさっと舞って、歩くたびに後ろに花びらが着いてくるってアニメかよって。今思ったけど、新海誠監督の 作風に似合うよね、加藤シゲアキって。こんなどうでもいいことばっか考えてるんだけどさ、増田貴久はりぼんで、手越祐也はちゃおでしょ。加藤シゲアキはマーガレットで、小山慶一郎花とゆめだよね。(マジどうでもいいわ!!)


19.星に願いを
私の中で曲のイメージと照明が一致しなくて、なるほどね~………と感情が迷子になった。そしてわちゃわちゃタイム第2弾だね。まさかのこの曲でね。ぐるぐると回る円形ステージに座り足をだらーんと下ろして4人並んでぎゅっと座る姿が可愛い。1日目、足が絡み合うNEWS!!2日目、小山さんの上に体を預けるシゲさん、に馬乗りになる手越さん!そしてそれをただ見つめ続ける増田さん!なに見せられてんの私!どんな状況だよ!(笑)4人の後ろ姿が凄く可愛かったなーー。はーー可愛かったなーーー。


MC
NEWSのトークってテンポの良さが凄い。たたみかけるな~~と思いながら聞いてた。嵐とはまた違うテンポの良さで聞いていてかなり面白かった。そして内輪ノリがすげぇ。え?客席見えてます?みたいな。別に置いてかれてる感もないし普通に楽しかった。ちゃんと説明してくれるし(笑)1日目は手越劇場って感じだったけど、2日目は手越消滅みたいになってて差が凄いなと思った。4人がちゃんと四角形というか集まってしゃべってて仲良しだなぁって。まぁ円形ステージだからだろうけどね。でもそれが功を制したね。仲良し感が出てたもん。小山さんは、お腹シールに爆笑した。写真撮る時の「入れてよぉ!写りたいよぉ!」の可愛さに禿げるかと思った。最後にカゴを持ってはける小山さんを近くで見れた。足の細さが異常。手越さんは、トトロのモノマネに全部持ってかれた。BBB(トリプルビー)に気づくまで数秒かかったこと謝罪する。理解するまでに時間がかかった。増田さんは、前のめりのトークに少々不安を覚えた。落としきれない技術の焦りか。シゲさんのプライバシーなんて「ねぇよ!!」が無駄にイケボだった。加藤さんは、「俺のプライバシーはどこにあるんだよ!!」「シゲのプライバシー!!」「シャンプーのあと梅干し塗ってねぇから!!」「エグめのホラー映画3本みないと帳尻合わないみたいなね!!」「衛生面が気になります!!」「シゲがシゲを着替えさせるからね!!」「シゲのQRコードってなんだよ!?」「あみだ?機長の手癖あんじゃねぇの?」手癖wwwwwwwねぇよwwwwwあみだでwwwww


20.プラトニック(手越祐也)
たった3分の中で性別を変えてくる手越祐也、底知れない。絶対一曲の中に二人いた。男の子と女の子。歌のうまさも凄いけど表現力もある人なんだなぁ。ライブで聴くまで、相手は死んでるの?いや、生きてるか?幻想の話か?ラストの「君だけを」で確実に人格が変わって歌声が完全に無になったけど我に返ったのか?と思いながら聴いてたけど、実際聴いてみると確実に二人いたなぁ。二人の物語だったなぁ。あと一番びっくりしたのが、客席スタンドの通路をただ歩いて一曲歌ったこと。ちゃんと世界観を作り上げてくるのかと思ってたら、歌一本で勝負しにきてる感じがした。無いと思うけど、これで抱き着いたり無理やり引っ張ったりするファンがいたら手越さんの想いを侮辱するようなもんだからな。それを歌で制した手越祐也の力は本物だ。やっぱり手越さんは歌が抜群にうまい。手越さんはもうただただ純粋にJ-POPだけを歌っててほしい。ロックとかやりたいのかもしれないけど、まっすぐ普遍的な愛を歌ってほしい。J-POPが似合う素敵な歌声だよ。


21.UFO
きぃぃぃ…きぃぃぃ…きぃぃぃ…(いや、さっきから奇声が独特すぎるんだよな)来たよ、これ。1日目初めて見た時、やられたぁーー!!と思った。ただかっこいい振付じゃなくてガッツリ踊るわけじゃなくて、あれ?ちょっとふざけてる?と思えるような、UFOって来たらこれだよねという振付で最高だった。衣装もここから変わっていて、ライダースのような感じで流行りの蛍光を取り入れていてNEWSやな~と思った(おしゃれだなという意味)腕の部分が照明によってマットに見える瞬間もあってなるほどなと思った。メインステージが上の方まであがって高い位置で歌っていたけど、下のLEDが上がったり下がったりする演出がUFOが着陸したり離陸したりする感じに見えて、NEWSが地球に降り立った!風に見えた。ていう かこの歌は、地球侵略に抵抗する歌?(はちゃめちゃすぎるだろNEWS)わたくしはUFOが呼べますってテレビ出てる人の想いを歌った歌なの?(ぶっ飛びすぎだろNEWS)(たぶん違う)アレンジが昔っぽいけどメロディが現代って感じがする。だから振付が最高。あ、2日目ってこの曲からシゲさん髪型変えてきました?うわーー好きーーと思った記憶。


22.EMMA
あれかな?宇宙人だから私の脳内が読めたのかな?ん?イントロが流れた瞬間、やられたぁーー!!と思った(結構短いスパンでやられたな)初めてUFOを聴いた時、EMMAの部類だな、前後にEMMAやんないかな、と実は思っていた。嬉しいーー!!!!あと普通にEMMAが好きなのだ!!!!だから嬉しい!!!!(笑)曲が始まる最初、客席のほうに張ってある黒い幕?にNEWSの影が映っていて雰囲気があって素敵だった。それが好きで両日しっかりと見た。「~キスを交わす」のあとの振付。テレビで見た時リズム感がない人はダサく見えるなぁ…と思っていたが、生で見るとそんなことないね。うん、誰とは言わないんだけどね。←

 

23.EROTICA
これもシゲポジだったはず。(語呂がいいでしょシゲポジ気に入ったぞ)振付が見たことあるような懐かしいようなジャニーズのジャズって感じ。って印象しかない。ここでもほぼシゲさん見てたけど、踊ってる時の指先が綺麗。あんまり踊りに映えるような指じゃないと思うんだけど(失礼)ちゃんと指先まで神経通ってますって感じがしました。基本的に私は、手の指先に神経通ってないんじゃないかみたいな人が好きなんですよ、長すぎて持て余してるような人の手が好きなんですよ。(理解に苦しみますねこれ)うーーん、なんて言っていったらいいんだろう!?いや、厳しいかな。いいです、わかんなくていいです 、私の性癖は私のものです。


24.メガロマニア
小山さんの前髪問題。踊ってたらやっぱり自分でも邪魔だったのかな、私が見る限りこの曲中に3回?4回?くらい前髪を手でかきあげて、かきあげたまま踊ってたよ。おでこ出てたよ。それがかっこよかった。そしてこの曲は、ごめんなさい、知りませんでした。。予習復習しっかりとーーーーー!!(反省)ステージ端から端まで一列になって踊る、好き。ここでも歌詞がいい感じに出る。出すぎ。…この曲を頭ん中で歌ってると嵐のMove your bodyにすり替わるのは私だけですか。


25.時空の歪み
アルバムのリード曲集めましたミックス?めっちゃかっこよかった!!!!そうか、こういう手があるんだな。勉強になった。(何故お前が)こういうのいろんなグループにやってほしい。このミックスの出だしの振付、シゲさんとジュニアめっちゃずれてた。合わせましょ、そこは。あぁいう振りは合わせないと急にダサくなる。


26.4+FAN
この曲は盛り上がりますなぁ~好きだな~!こういう曲は上手に歌わなくていいよ、勢いだけで歌ったほうがいいよ、そのほうがかっこよく聴こえるよ。そしてそして、いろんな色のEPCOTIAのタイトル?マーク?が入ったTシャツをつぎはぎして作った衣装がモロ私の好みど真ん中だった。衣装の作りを必死で見た気がする。目に焼き付けなきゃと(笑)小山さんのが一番凝ってたのかな。


27.D.T.F
この前見たNEVERLANDの印象が強い。なんか古い曲だって聞いてたから今回はやらないのかなと思っていた。びっくりした。そしてこの辺はトロッコで回ってた気がするから、どこに誰がいるのか必死に見ていて歌があんまり入ってこなかったという。ていうかもう、わたしゃ頭がおかしくなりそうだよ、情報量が多すぎて追い付かねぇよ、ここまで圧倒されっぱなしでどうしたらいいんだよもう。確かこのあたりで、手越さんの前髪がセンターわけになっていることに気づく。なんだか珍しくて、お!と思ってしまった。汗でべたーっとしてて、まぁいいか悪いかで言ったらいいもんではなかった(辛辣だなオイ)


28.weeeek
NEWSのライブに来たって感じ~~!!定番中の定番の曲なのでは。音楽番組でもよくやるし、これはぜひとも聴きたいと思っていた。毎回やるのかな。恥ずかしくて仕方なかったんだけど、飛んだよ。ちょっとね。飛んでないことはないよ。飛んだよ。…うん、ノったよ。地面から足は離れてなかったかもしれない。でも飛んでる風にノってたよ。許してくれーーーーーー!!!!(土下座)


29.U R not alone
おっと。まじか。まさか聴けるとは思わなかった。トロッコで回って、4人それぞれの位置に停止して歌ったんだけど、1日目の目の前が増田さんで。私この曲、増田さんのイメージが凄く強くて。歌声が凄く印象的で。だから、目の前で歌い始めたとき、うわぁ…しんどい…と思った。いい意味でね。そこで水分補給もしてて、本当に自分の全てをかけて歌っているようで見ていてちょっと辛かった。だからこそこんな私でも心に響くんだろうし。この曲かな前の曲かな、シゲさんちょっと入りが早いところがなかった?おめぇ感動的な場面で何ぬかしとんじゃボケ。(口が悪い)


30.イノセンス
記憶無し。(潔すぎるでしょ?褒めてほしいぐらいよ)あ、曲のイメージと照明がピッタリ合ってて良かった。ということで記憶無しってあんまりなので(笑)最初アルバムを聴いたとき、この王道感…!と思ったらやはり編曲は亀田さんだった。キラキラしてていいね。NEWSからファンへ向けた応援歌かしら。…この曲、聴けば聴くほどベースしか聴こえない。あ、思い出した!いや、次の曲だったかもしれない!小山さんとシゲさんがふたりで笑いながらしゃべってて楽しそうだった!


31.HAPPY ENDING
「1人だなんて思ったら許さない」これですよ、この歌詞ですよ。これに全て持ってかれましたよ。アルバム何度も聴いてこの曲だって聴いてたはずなのに、この歌詞を全く覚えて無くて。ライブで歌詞が出されて聴いた瞬間、なにこれ…?こんな歌詞だったの…?こんなこと言ってくれるの…?と衝撃的だった。かなりインパクトがある。断言してる。言い切ってる。凄い。なんで散々聴いてきて印象に残らなかったんだろう?と思って歌詞を調べたら、CDではこのフレーズ一回しか出てきてないんですね。ライブではこのフレーズを何度もお客さんに歌わせていた。だからか、と。さらーっと聴き流しちゃってたんだな。しかもこれをさ、お客さんに何度も歌わせるって、なに。お互いに、言い聞かせてるみたいだ ね。NEWSからファンへ。ファンからNEWSへ。「1人だなんて思ったら許さない」と、ちょっと真面目っぽく語ったあとに申し訳ないけど、2日目のシゲさんグッズのキャップをかぶって出て来たけど、おや?引っ越し業者かな?と思わずツッコんでしまった。あー、いいね、引っ越し業者のシゲさんと出会いたい。お弁当作ってあげる。(妄想お疲れ様でーす)

エンディング、積み重なったトランクの上にそれぞれ4人が乗ってLEDが降りてきてメンバーが見えなくなって終了だったんだけど、1日目の最後の最後。シゲさんがぐぅーっと体をかがませて最後の最後まで見えなくなるまでお客さんに手を振ってて、お前そんな奴だったのか!?とびっくりしました。素敵ね、シゲさん。


ていうかもうおわかりだと思うのですが、わたし加藤シゲアキしか見てねぇな!!!!なぁ!!!!これが答えだよ!!!!なぁ!!!!どうしてくれんだよ!!!!なぁ!!!!お姉様方!!!!いま気づいてたビックリマークが全部4つなこと!!!!

 

 

最後に。
最初にも言ったが、初めてのNEWSライブは最高のエンターテイメントだった。本当に楽しかった。今までいろいろ書いてきたけど、そういう難しい感想すっとばしてめちゃくちゃ楽しいライブだった!完成された世界観の中にメンバーの人間性も見れて、明確に伝えたいメッセージもあって、全てのことが凝縮されたライブ。それは一つ一つが濃厚なはずなのに、上手く統一されていて見ていて気持ち良かった。どこに出しても恥ずかしくないライブを作れる数少ないグループのような気がした。
私は、新しい世界を見たいと思った。見たことのない世界なら、それは別にNEWSじゃなくても良かった。でも、その新しい世界がNEWSで良かった、と思う。結局それは終わった後の結果論だとしても、今は心から良かったと思っているから、それでいい。
正直な話をする。ファンになったか?と問われると、私は何と答えたらいいかわからない。好きにはなった。じゃあ今すぐファンクラブに入るかと言われたら、きっと頷けない。でも、もし機会があって次のライブは行きたいかと言われたら、全力で頷く。好きになったから。きっとこの先、NEWSという名前に反応するだろうし、新曲が出たらチェックするだろうし、ドラマもバラエティも見なきゃと意気込んで見るだろうし、NEWSな2人も毎週録画から消すことは無いと思う。たぶん、ファンになったということなんだろうな。

 

私の心の中にNEWSは確実に居場所を作って東京へ帰って行った。
歌が上手いオシャレなグループから、最高のエンターテイメントを作るグループへと名前を変えて。

 


でもいまだに、4人をなんて呼んだらいいかわかんない。ここは思い切って皆さんが呼んでる呼び方にしてみようか。それかもう斬新にみんな苗字呼びとか?小山!手越!増田!加藤!…いや、みんな年上。そんな勇気ないわ。それかあれだ、慶一郎さん!祐也さん!貴久さん!シゲアキさん!にする?誰かに会話を聞かれたとき絶対NEWSの話をしてるって気づかれないな(笑)