荒ぶる妖精さん

B'zさんと倖田さんと、アイドルと。

B'z PARTY Presents B'z Pleasure in Hawaii ライブビューイング 2018.09.30 感想

 

 

 


B'z PARTY Presents B'z Pleasure in Hawaii ライブビューイング 2018.09.30 感想

 

 

 

人生初のライブビューイング!!席が前から3列目で首がいかれそうだったよ!!この座席運をぜひとも本物のライブで活かしたいもんだね!!でも大画面で見るB'zは最高にかっこよかったよ!!

 

てな具合で。
初めてライブビューイングを経験しました。気づいちゃったんですけど私、ちょっとこれ好きかも。普段家でライブのDVDを見るときはジッと画面を見つめ、え?ほんとに楽しんでる?って心配になるぐらい無表情で睨みつけるように見てしまうのです。心の中は感情が暴れまくってるのに、それが表情や動きに出ない。だから、座ってジッと見ていられるってのが性に合っててすごく楽しかったです。座ったまま足でちょっとリズムを刻むくらいが非常に楽で。なんならライブも座ってみたいぐらいだもん。(ははは)

 


さぁ、30周年最後の感想!!
みんな!!気合入れて行くぞ!!(お前がな)

 

 

01.ミエナイチカラ~INVISIBLE ONE~
ピンクのミュージックマン!!(このギターが登場するたび言うやろこれ)この曲の結構序盤で、稲葉さんが松本さんと向かい合ってエアギターをする姿を見て、松本さんのこと大好きだなぁ…心ん中でかっこいいー!って思ってんだろうなぁ…私と一緒やなぁ…と思い始める。(前日のハワイレポを読んだため視点がもうそれ)しかもこのギターを弾くマネ、この一曲だけで私が見た限り3回ぐらいしてた気がする。めっちゃ弾くやん!!って思った記憶が(笑)

 

02.BLOWIN'
この曲のイントロがめちゃくちゃかっこよかった!!!!!!本当にかっこよかった!!!!え、ツアーの時と違ってましたよね…?(急に自信が無くなる)いや、ちょっと違ってたはず。何これかっこいい!!って思ったもん。うん。(急に自信を持ち始める)「風を受けて~」のところ、稲葉さんが自分の胸をおさえて、そして会場の客席に手をかざして、そのあと人差し指を天を目指して突き上げる姿に、まさにこの部分の歌詞は稲葉さん自身のことだなと思った。「風を受けて立ち上がろうとする君は美しい/かたちのない答えを探して終わらない旅をする」

 

03.裸足の女神
アカペラ始まり。味スタのときとは全く違っていて、あの時よりは良くなったんだなと安心しました。声帯には異常がなくて別のところで体調が悪かったと聞きました。今回の公演は私はとくに気にすることなく純粋に聴き入っていたので、だいぶ回復したのかな。私が聴く限りでは、ですが。ギターソロ終わりのドリル渡し。ちゃんと渡せた!みたいに一回のぞき込む稲葉さん激かわ。そのあとに松本さん口にふくんだピックを飛ばすんだけど、今回2回飛ばさなかった?と思ったらどうやら1回目は失敗した模様。からの客席へドリルをポーン。(言い方)

 

04.Wonderful Opportunity
スタンドマイクに乱用される志の文字を映画館の大画面で見ることになるとはな。スタンドマイクの上部分1か所にだけ刻まれていた志の文字が、今回のツアーからあの棒の部分全体に散らばるという、誰の仕業だ案件。ずっと右手でスタンドマイクを持ちながら歌っていたのでサビの振付を左手だけでやるという雑さ。ちゃんとやってくれよーう!と思ってしまった。でもたぶんラストサビでは両手でやってたんだと思う…んだけど映画館では松本さんの手元がアップになってたのよ。でもそれが大正解だった。圧倒的だったの、そこのギターの音が。そこでギターの手元をアップにするとか、おぬしわかってるぅ~!!って心の中でスタッフさんを絶賛してました(笑)グリーンの照明を背景に歌い上げる稲葉さんに、既視感…と思ったんだけどたぶんen-ballのジャケ写かも(笑)そしてそのときの髪型が1:9だった。目に前髪がかかってんの、最高じゃない?最高です。そういえば「切り抜ければ待ってる次のショウ」のショウのときに上を見上げてた稲葉さん。

 

05.STARDUST TRAIN
ぶっちゃけた話をすると、この曲8年とか9年とかぶりに聴いたんですけど、あ!スターダストトレインだ!って一瞬でわかった自分はやっぱりファンだった、自信持っていいぞ自分!って思った。け、ど、、曲名が全部大文字だってことも今回はじめて知ったし星屑列車って呼ばれてることも初めて知ったのでやっぱ自信持たないほうがいいかもしんねぇなこれ。(小声)(早口)

 

06.Blue Sunshine
稲葉さんがギターを持った瞬間、お?Easy Come, Easy Go!か?と思ってしまった、すまぬ。この曲好きだな~。ギターソロの最後と次の歌いだしの歌声が被る感じがすごく好きだった。ところで稲葉さんのギターのストラップは松本さんにプレゼントで貰ったものですか?(そんな記憶があるんだけど定かじゃない嘘かもしんない私の妄想かな)

 

07.消えない虹
絶対この曲やると思ったーー!!久しぶりに聴いたけど素敵でした。CD聴きなおそ。

 

08.恋心 (KOI-GOKORO)
この曲が始まる前の暗転中、
野太い男性の声で「まっちゃん愛してるーー!!」
松本「俺も愛してる!!」
客「きゃああああ!!」
私「(私も愛してるううううう!!)(映画館だから心の中で)」
稲葉「…ハイっ(ばっさり)」

 

ぶ っ た ぎ ら れ た … ! !

 

はい、わかってます、段取りがあったんですよね、このあと恋心の振付の話をする段取りが(笑)稲葉さんが振付の話をしているとき(どんなこと言ってたか忘れたので割愛w)客席から「振りの練習はー?」みたいな声があがって、「え?段取り通りにしゃべってるんでちょっと黙ってもらって…(笑)」って言ったの超可愛かった。黙ってって言ったのか待ってって言ったのか微妙なとこだけど個人的には黙れって言ってほしいんでこっちで。(こうして誤情報は広まってゆく…)稲葉さんが映ると自動的にうしろのシェーンも映るんだけど、説明中にスマホ取りだして動画撮ってたよな??インスタにあげてくれーい!!!!!稲葉さんの後頭部を我らに分け与えてくれーい!!!!!(無理)

 

09.OH!GIRL
ピンクの照明が可愛い。HINOTORIでB'z二人の曲になってしまったわけだけど(お前だけだ)(いやそう思った人もいるはず)今回もサビの最後くらいで、出た!いつもの!って恒例に思えるぐらい二人は向かい合っていました。それが楽しそう。だからこっちも楽しい。この曲の最後、ステージ中央で松本さんと大賀さんがギターを弾いていて、なんで松本さんちょっと笑いながら後ろ見てるんだろう?って思ってたら(映画館では松本さんしか映ってなかった)ドラムのスティックがステージ前方へ飛んできてステー上に転がってた!!(笑)それを拾いにくるスタッフさん。そしてその飛んできたやつかどうかはわからないけど、シェーンの隣に行きドラムスティックでシンバルをバシバシ叩く稲葉さん!!(笑)めっちゃ可愛かったー!!そしてそれがカメラで抜かれる松本さんと大賀さんの後ろに映り続けるという。なんとまぁ可愛い。しかも結構長い時間叩いてたぞ。

 

10.イチブトゼンブ
今回もAメロの出だし客に歌わせてた気がする。確か。なんか、この曲はつい、B'zの二人へ思いをはせてしまうんだな。ステージに立つ姿はその人のほんのイチブかもしれないけどゼンブでもあるんだよな。

 

11.マジェスティック
新曲が名曲。CMに全然遭遇しないし動画も見てないからほぼ初めて聴いたんだけど、なんだこれ。名曲すぎないか。一緒に行った母親が「いい曲だったね」って言ったぐらいやぞ。もう、もう、名曲認定です。素敵な曲。本当に。シングルにして本気で売ろうぜ公式さんよお!!(オラオラ)イントロがハワイっぽいなって思ったのはハワイにいたからかな。←

 

12.OCEAN
ここから海は見えないですが…みたいなこと言ったとき、海の曲が全く浮かばなくて、隣の席のお姉さんが「何?OCEAN?」って言ってくれたので(笑)あー!その曲か?って納得した瞬間イントロが流れたので、ナイス!お姉さん!と思いました(笑)この曲も久々に聴いたなぁ。私B'zのバラードって普段あんま聴かないんすよね~~(爆弾発言すぎやしないか)(嫌いなわけではないですよもちろん)

 

13.Brotherhood
私が聴いた味スタとは全く意味合いが違うBrotherhoodのような気がした。「どこかでアイツが~」のところ稲葉さんは自分自身に向けて歌ってるような気がしていたけど、今回はちゃんと聴いてくれている人たちへ向けた叫びだったな。「こっちだって毎日クタクタになってる」の「こっちだって」の部分最近は「誰もが」って歌うことが多いのかな。今回もそうだった。今の世の中の状況に合ってしまってなんだか切ないなと感じながら聴いていたけど、この曲を聴くたびそう思うから、どの時代だってそうなのかもなぁ。あの頃は良かった、なんて時代はきっと無くて。どんな時代だって、この歌詞が似合ってしまうんだろうなぁ。そして後半のラストサビ終わり?かな、アレンジがめっちゃくちゃかっこよかったんだよ!!松本さんんんん!!!!って悶えてた。いやぁ、もう、しびれたわ。

 

14.ultra soul
やっぱウルトラソウルはこの位置が正解。ど頭に持ってきていきなりぶち上がるのも悪くないけど、どんどん盛り上がってきてライブ後半戦にもうひと盛り上がりするこの感じが好き。初めて飛ばないウルトラソウルを経験しました。さすがに映画館で飛ぶ勇気はない(笑)

 

15.愛のバクダン
この曲もお客さんに歌わせてた部分あった、確か。そしてごめんなさい、ほぼ記憶無し(笑)たぶんテンションめっちゃあがってた(笑)

 

16.Pleassure 2018 ~人生の快楽~
まさか1年の間にこの曲を何度も聴くことになるとは。25周年のときは千秋楽の1公演のみ参加したんです。だからなんとなく、年に1回、いや5年に1回ぐらいのモチベーションなわけですよ(笑)それを今年は何度も。この公演もこの曲の前にMCだった…?もう、私の記憶力の限界。←

 

17.HEAT
キムヒョンジュンさん?でしたっけ?への提供曲だけど、やはりB'zが歌うとB'zの曲だし、何よりこの曲は本当にライブ向き!歌詞が少し切ないけれど。

 

18.グローリーデイズ
涙がボロボロこぼれてきて、ダメだった。まさかグローリーデイズをやるとは思わなかった。ここまでのセトリはツアーとほぼ同じで、その中にグローリーデイズは無かったから、やるとは思わなくて。味スタ千秋楽で泣かなかったのにね(笑)でもマジでこの曲はダメなんだ~~泣いてしまうんだ~~(号泣)何より一番びっくりしたのは、この歌の解釈が変わったこと。今まで納得してきた意味合いと違ったとらえ方ができたのは自分の中で大きかった。ラストサビの「どこかできっと新しい虹を見つめている/君のこと想う」「また出会える日を想う」のところ。「新しい虹」を、「新しい歌」と受け取ったんです、私。これはきっとMCの内容もあると思う。今回ハワイに来て曲を書いてる、皆さんに届けられる日がくると思うので…というようなことを松本さんが言っていて。これから生まれるB'zが作る新しい音楽に、私は笑顔で出会いたい。うん、なんか、思ったんですよね、この先もまたB'zに会いたいって。ライブに行きたいって。笑顔で行きたいって。

 

 

 

よし、セトリ順になんとか書き終わったぞ!
映画館で見たっていうのもあってカメラマンさんがいいとこだけを抜いてくれるわけで、ここ切り取ってまぶたの裏に焼きつけたい!!って場面が怒涛のように押しよせて、本当に脳のメモリーが足りませんでした…(まじで)はじまる前に、腹へったーーポテト食いてーーとかほざいてる場合じゃありませんでした。もう!お腹いっぱい!胸いっぱい!いっぱい!いっぱい!(うるさい)

 

味の素公演の感想のときは書かなかったのですがいつも通りここから、どこかわからないけどどっかで見たよ箇条書きタイム~!(長い)ていうか、いろんなの人のレポを読んでて、なんで皆さんそんなに覚えてるの!?って思うけど、そうだよねメモしてるんだよね…。だから私のこの感想はほんと信用しないでくださいね……(ここまで書いといて今さら~~)

 

・最初出てきたとき、松本さん!タンクトップ!って興奮したけど、これどっかで見たことあるよな~~と思ってたらどうやら過去のライブで色違いを着ていたもよう。どおりで。稲葉さんの衣装、1着目は黒地のTシャツで、背中に十字架…え?札?お札?札背負ってる??って、もう笑うとかじゃない理解するのに時間がかかった。海外のお札のようなものが何枚も重なり背中で十字架を作っている。2着目は緑!!まぶしいくらいの緑!!のタンクトップ。なんでこういう形のタンクトップがこんなにも丁度よく似合うんだろう?って毎回疑問なんだけど、あれだわ、たぶん稲葉さんの骨格と筋肉の付き方がそうしてるんだわ。うん。
・稲葉さん、舌出す。(なんの報告)でも全然エロくなくて可愛かったんだよな~~なんていうのてへぺろみたいな出し方なんだよ、横にぺろっと。(説明の下手さ)3回ぐらいはやってた。
・松本さんがギターソロを弾いてるときの、むにっとなる口が好き。なるでしょ、むにっと。さぁみんな思い出して!!むにっと!!
・どの曲の前のMCか忘れたけど、しゃべりだす前に新しいスタンドマイクを見て、「…すごいな」ってつぶやいてた気がする(笑)確かにあれ凄かった。どんなデザインよ。
・松本さんの恋心の振りをガン見してたけど、あれ手まわしてないよな??しゅっしゅって空気切ってるだけよな??愛しいな??
・新曲をやる前のMCで、客席から「ポッキー!!」っていう声があがって、「ポッキーっていうタイトルではないんですが(笑)」という流れで次の新曲ポッキーとかどうですか?みたいになったときの松本さんの、いやそれは無いから、みたいな微動だにしない作り笑顔最高だった。B'z尊い。(尊いの使い方)
・イチブトゼンブかな~~愛のバクダンかな~~忘れちゃったんだけど、2番を歌ってるときライブビューイングを見てる皆さんに向けてずっとカメラに向かって歌ってくれてすごく嬉しかった。
・よくアイドルって、どのカメラが自分を抜いてるか見なくても感覚でわかるっていうじゃないですか。だからカメラ目線のタイミングとか完璧じゃないですか。でも、30年もこの世界にいて自分を映してるカメラがわからない稲葉さんって最高に愛しくないですか。違う!そのカメラじゃない!って場面が2、3回ありました。スイッチングも間に合ってないっていう(笑)カメラにアピールしてる稲葉さんの後ろ姿、を見ることができました。それはそれで貴重、生中継ならでは。
・稲葉さんが飲み干したコップを客席に向かって投げたとき、大勢がうわーっていくんじゃなくて、なんかたった一人の手がすっと伸びてそこに吸い込まれるようなすっげぇ上手いキャッチだった気がするんですけど気のせい?ナイスキャッチ!!って思ったもん(笑)
・どの流れでその話になったのか忘れちゃったけど、我々映画館組のことを「わざわざ映画館に来るくらいですから…」って言ったの、オイお前案件。
・やっぱりMCで松本さんがたくさんしゃべってくれるの嬉しい。FCイベントだから昨日と今日全く同じ人たちじゃんって流れで、日本の人たちへの「ほら心遣いが!」って自分の胸に手をあてる姿が可愛すぎるやろ。「リーダーですから!」そう、リーダーですから!!
・客席に向かって、「ハワイ楽しんでますか?」って聞いていろんな声があがる中、「セグウェイ!」って言った方がいて、それを受けて稲葉さん「セグウェイ!!乗ったことないよね~?」って松本さんに向かって言ってたんだけど、その言い方が素っぽくて良かった。言い方が乗ったことないよね~?だったかちょっと忘れたけど、とにかく素っぽかった。
・アンコールの衣装がB'zもサポメンも全員同じハワイ公演Tシャツで可愛かった。
・アンコールの前に客席をバックにして写真撮影!なかなか撮影がはじまらなくて、稲葉さんは、え?なに?(笑)みたいに笑ってるんだけど、松本さんはずっと後ろのほうを見ていて、なんでそっち見てるんだろう?って不思議に思ってたんだけど、次の瞬間スタッフさんが「クレーンの影入ってる!」って叫んだんですよ。それが左後ろだったんですよ。もう、さすが我らがリーダー松本さんだと思いましたよ、ほんとに。松本さんだけがそっちを見てたんですよ。気づいてたんだ、って。まぁ、スタッフさんが指さしてただけかもしれないけど(笑)でももしそうだったら逆にそれに気づかず頭にハテナ浮かべながら笑ってる稲葉さん可愛すぎるだろ。
・ギターソロのときに松本さんの二の腕の毛を見るのをやめたい。(嘘)(やめない)
・最後のあいさつで「B'zは止まっていません!」って言ってくれたの嬉しかったなぁ。
・サポメン含め全員で円を描くようにみんなで抱き合った瞬間、ちょっと泣きそうになった。
・サポメンがはけていって二人きりになった最後の最後、突然稲葉さんが松本さんにコソコソ耳打ちしだして、そこでもう客席の人たちも映画館の我々もみんなしてきゃああああ!!!って声あげたの面白かったな、やっぱみんな沸くんじゃん!!同じじゃん!!って(笑)しかもその耳打ちが続けて二回あって。なに!?なんなの!?って思ったら、松本さんが「みんなが俺たちにとってPleasureでTreasureなんだよ!!」って言ったの!!絶対稲葉さん、それ言って!って言ったんだよね!?なんなの可愛すぎるやないか!!言わせたかったの?ねぇ、言わせたかったの??聞きたかったの??(落ち着け)松本さんが言った瞬間すかさず「完璧です!!」って言ったの、もう君こっち側の人間。()

 

 

 

結構、書いた?(はい書いてます結構な量)
終わったあと実際にライブに行った感覚に陥りました。それくらい満足した。楽しかった。B'z愛してるよー!!って心の中で叫んじゃうくらい!!

 

30周年を迎えてB'zへの想い、私とB'z、みたいなクソ重いブログを書きたいって企んでるので、私の思いの丈はそちらで。(というより今回はもう力尽きた)

 

 

 

今回のライブビューイング、台風直撃で関西のほうの映画館はほとんど中止になったと聞いています。時間が経つにつれSNSで次々と中止会場が発表されていくのが心苦しかったです。このままただ中止されて終わっていいはずがありません。ライブのMCでも台風被害について言及していたので、もちろん公式側も対策を考えているとは思いますが。

この書きたいことを書きなぐったとりとめのない感想で少しでもライブビューイングの雰囲気が伝われば幸いです。どうかどうかB'zを愛するすべての人たちの想いが、報われますように。