荒ぶる妖精さん

B'zさんと倖田さんと、アイドルと。

メンバーの顔と名前がすべて一致しない奴が見たジャニーズWEST LIVE TOUR 2018 WESTivalの感想

 

 

 

 

 

 

ジャニーズWEST LIVE TOUR 2018 WESTival Blu-ray感想

 

メンバーの顔と名前がすべて一致していないまま観たど素人の感想を今からお送りします、よろしくどうぞ!!(宣言してから書いていくスタイル)

 

NEWSファンのお姉様方が最近ジャニーズWESTを好きになり、オススメされるがまま見たのですが…いやーーーーめっちゃくちゃ楽しかったー!!!もしかして私はこのライブに参加したんじゃない!?っていうとんでもない錯覚を起こすくらい入り込んでしまって楽しすぎて面白すぎてかっこよすぎて、一瞬だった。もう終わっちまったよ!!と突っ込むくらい(関西の血が騒ぐね)(東北人です)

 

最近、あれなんすよね。こうやってライブとか感想を書くようになってから、うまく書こう読みやすく書こうって気持ちが先行して、うまくまとめなきゃという誰からかけられたわけでもないプレッシャーに押しつぶされ、なんだかなぁという感じだったんですけど。今回はまぁ、ジャニーズWESTだし?テキトーに書こうっかなって!(コラ)いや、これは決して馬鹿にしているわけではなくて。めっちゃ楽しかったから思いのままに書いちゃおう!ライブのノリのまま書いちゃおう!ってことです。今回は書き終わったあとの手ごたえなんて必要ねぇ。はい、行きます!←

 

 

ライブがはじまる前の気合いの入ったお客さんの掛け声が、なんて言ってるかわからない(真顔)ってもう最初の最初でつまずく!あかん!グループ、名、を言ってるわけではないですよね?ただの掛け声?誰かあとで教えてください…
Overtureって長ったらしいもんだという概念を覆す短さ、全然うっとおしくない、さっさと登場してはじまる感じ、悪くない。むしろ好き。「おーさか☆愛・EYE・哀」が1曲目ってのが最高ですね。一曲目でひとりずつ名乗ってくれるなんて新規にもお優しいグループなのねと思うけど、個性強すぎて最初のコール同様うまく聞き取れん。ファンはアイドルに似る、とはよく言ったもんです。(ここでそれを感じるな)「浪速看板息子~なめたらあかん~」って、なにこの最高な曲!!!!!一回聴いただけで大好きになった!!!はーやくこいの顔芸からいらっしゃいから、もうすでに最高だわ。そしてAメロ全員であの振りで踊りながらセンターステージに向かう姿を見て、このライブ勝ったな…と思った。もう!もうこのライブは成功だ!っていう確信。歌い方から振付からすべてにおいてダメなところがひとつもない。すげぇ。すげぇ楽しい。からの「ズンドコパラダイス」っていうこの三曲の流れが最高すぎる。もうほんとズンドコでパラダイスだね。(どゆこと)
メンバーの挨拶、みんな独特すぎでは。俺たちも出すぞー!ってステージ上のメンバーに叫ぶの、斬新すぎて笑った。なにこれ最高じゃん。

 

「Parade!!」からの「プリンシパルの君へ」なるほど、こういうふり幅もあるわけだな。白いシャボン玉が弾けて幻想的でまるでおとぎ話の中にいるようだった。ひとりが指揮者になってみんなが踊る振りが可愛くて可愛くて。ふと思ったけどみんな背が高い(のかな?そう見える)からこういう衣装も似合っちゃうわけだな。上着を脱いで衣装替えするのではなく着て衣装替えする感じ「SHE IS MY...」はもう言わずもがな好きだし、「何万回だって「君が好き」」の王道を行くラブソングを、ジャニーズでよく見る~~!!回るよね~~!!あがるよね~~!!っていうステージングで歌うのが最高だった。

 

コントコーナーはさすがのクオリティで、なんでしょうね、どう感想を言ったらいいのかというところで。腹抱えて笑いました。安定感があるよね、笑いに。絶対面白いんだろうなっていう期待をして見始めても期待をこえて笑わせてくれる。設定がいまいちわかんなかったけど。←

 

「僕ら今日も生きている」からの衣装。ライブでの髪型って命の次に大切じゃないすか??それなのに全員帽子かぶってんの凄くないすか??自らつぶしてるやん!!的な。誰かひとりとかじゃないんすよ、全員なんすよ。挑戦的なグループだね!!(果たしてそれを挑戦というのか)それにライブ中盤なのにむれて大変そう…。「この曲知ってるよっていう人ー!?」ってステージ上のメンバーに向けて叫んで「はーい!!」っていうの、やっぱ斬新だし可愛すぎるだろ。っていうかジャニーズWESTって、いい曲多いな。今まで関西色が先行されて気づいてなかったけど、メロディが綺麗で素敵。しかもこれも今回はじめて知ったけどメンバーみんな歌が上手い。極端に体の線が細い人がいないからか、歌える人が多いんだ。体でわかるもんね、歌の上手さって。「ドラゴンドッグ」って、A.B.C-Zが歌ってそうなイメージの曲だなぁ。

 

そしてユニット曲。
「乗り越しラブストーリー」ピアノと三線!?これまた斬新!!重岡くんにピアノのイメージなかったからギャップにやられる。こんなに笑顔でピアノを楽しそうに弾く男性って、それだけで最高に素敵。好きになる。桐山くんは歌が上手い。そして本人を目の前にして歌詞がめっちゃいいと恥ずかしがる様子もなくあんなに正直に褒めることができるなんて、なんて素敵な人なんだろう。最後のハイタッチは見てるこっちも笑顔になった。
「GOD DAMN」いや、ごめん、無理無理無理。かっこよすぎて無理無理無理。イントロでふたりが飛んでスローになるところ、ヒィ…って息が止まるくらいやられた。かっこよすぎる。サビのGOD DAMNでお互い向き合って飛ぶ振付、この振付が入る曲ってだいたい好きなんすよね(個人的好み)(けっこうありますよね)そしてラストの殴り合って倒れる…はいもっかい見ますってつぶやきながらリモコンを手に取り一コマ戻す自分がいました。最高にかっこよかった。
「Into Your Eyes」なんちゅー演出や。3人とも左薬指に指輪しとるで。ベッドも3つあるで。しかもそのベッドにカメラ仕込んであるで。なんちゅー演出や。みんな顔が綺麗。それに尽きる。

 

からの、噂の「PARA!PARA!チャーハン」ジャニーズWESTに言われたような気がしましたよ、「お前は何しに来たんや?ライブを見に来たんか?ちゃうやろ!!やりに来たんやろ!?俺らと一緒にやりにきたんやろ!!!!!」と。嫌でも盛り上がるじゃん、強制参加じゃん、踊っちゃうじゃん、自分の中の何かが解き放たれるじゃん、最高じゃん。あーーダメだ、今見ながら踊っちゃったもん。これ引き返せないね。はい、終了。(ズブズブ沼にはまる音が聞こえる…)「ホルモン~関西に伝わりしダイアモンド~」からの「アカンLOVE~純情愛やで~」って。なんかもう、楽しすぎて疲れそう。(褒めてる)「バリハピ」「人生は素晴らしい」「逆転Winner」って、あぁジャニーズWESTっていいなぁと素直に思えるような歌の連続。

 

映像やレーザーとリンクして踊る演出は、ジャニーズって感じがしてかっこよかった。そしてやっぱグループの中でもシュッとした感じの人はDJになっちまうな。いや悪くねぇけどな。こぞってやるな。「Evoke」「Baby Good!!!」ジャニーズWESTにこういうイメージが無かったからこんなにもかっこよく歌える踊れるグループだとは。この曲からの衣装もそれぞれの性格に合った衣装なのかなと思った、このメンバーはこういうの着てそうー!って思っちゃうくらいひとりひとりピッタリだった。そして本編ラストが「パリピポアンセム」って最高すぎる良くできた流れだな~~好きだな~~!!映像作品この一作見ただけだけど、ライブ作るのうまいグループなんだなぁ。

アンコールへ行く映像まで凝ってるぅぅ~~こりゃ楽しい。ってこれアンコールの衣装なのか。肩、君たち肩になんか付いてるぞ。アンコールまで全力。Wアンコールまでこっちに声出せるの、ほんとに最初から最後まで参加型ライブだ。そりゃ楽しいわけだ。よーっパン!で最後しめるの、そりゃ楽しいわけだ。

 


いやーーーー、最高に楽しかった!!最初にも書いたように名前と顔が一致してないメンバーもいるくらいの認知レベルなのでそう思うのかもしれないけど、押しつけがましいエモさが無くて良かった。過去も未来もどうでもいい、今だけを楽しんでというような誰でも無条件で楽しめるような空間が画面から伝わってきて、あっという間に感じたライブ映像だった。え!ライブやってんの!楽しそう!行ってみよ!って簡単に行けることは絶対無いけど、そんなノリで行っても絶対満足して帰って来れるような気がした。これはライブに行ってみたくなる。

 

やっとメンバーの顔と名前がすべて一致して、それぞれの人となりが少しだけわかったような気がします!メンバーひとりひとりの印象も書きたいので、たぶん書きます(笑)なんか、ジャニーズWESTを見たら、グループっていいな~~っていう謎のうらやましさを感じてしまった。はぁ~~このグループのメンバーになりたい~~(最後の締めがその感想?)(ありがとうございました←)