荒ぶる妖精さん

Whole Lotta NEW LOVE

WORLDISTAにログインしてきました。

 

 

NEWS LIVE TOUR 2019 WORLDISTA さいたまスーパーアリーナ 2019.05.18&19 感想

 

 

 

 

 

 

WORLDISTAにログインしてきました。

 


初めてNEWSのライブに行ったのが去年のEPCOTIAで、味スタも行かず年始のドームも行かず約一年ぶりのNEWS。最近ジャニーズWESTにどっぷりで…大丈夫かこれ!?って感じだったんですけども。でもEPCOTIAはファンってわけじゃなく誘っていただいて行ったライブだったので、そのときと比べてファンになった今は、アルバムもたくさん聴いてたしメンバーのことも詳しくなったし。
ってことは、ファンになって一発目のライブ!?(そんなこと1ミリも考えず参戦してきたけど)
(今とってつけたように言ったけど)

 


さぁ、今回も好き勝手書きますよ。
パソコンを新しくしたのでキーボードが打ちやすくて手元が軽快だよ。こりゃ最高だよ。ゴリゴリに書くよ。(言い方)

※2日間参加させてもらったのですが2公演分書く自信がないのでまとめて書きます。たぶん19日夜公演がメインかなと。1日目はこうだった、みたいに区別して書くように気をつけます…!そしてINTERは省きます。何卒。

 

 

 

 


WORLDISTA
登場の仕方や衣装もシンプルで、そぎ落としたかっこよさが存在感を放っていた。1日目はスタンドの少しステージに寄った席だったので、登場した瞬間3人しか見えず…しかも増田さん黒髪だったから!!一瞬誰が誰だか、見えてないのは誰なのか混乱しました(笑)左右の画面に4人がアップで映る瞬間、超かっこよかったなぁ。「Welcome to WORLDISTA」の瞬間の顔が、手越さんの支配下にいるような感覚に陥って最高だった。
OvertureがあってWORLDISTAがあって、またINTERが挟まれることで、熱が下がる気がしてこれはちょっとどうなんだ?って思ってたけど、Overture→WORLDISTA→INTERと、この3つを1つのINTERとして考えてしまえばいいんじゃないか、と。だから次のDEAD ENDがライブ本編の1曲目なわけですね。まぁ、これは後から思っただけで、実際ライブ中に体感としてそう感じることは難しかったんだけど。


DEAD END
空飛ぶ船に乗ってステージ上空から登場のNEWS、まさにアニメの主人公だ!!つなぎの衣装が、この4人で冒険してきたよー感があって可愛い。船の先端のほうにカメラがあって、わちゃわちゃNEWSがこんなに初っぱなから見られるなんてテンションあがっちゃう!(EPCOTIAのチャンカパーナみたいな)1日目も2日目も小山さんがメンバーみんなに愛されていて微笑ましかった。
NEWSを好きになる前から思ってたけど、NEWSってアニメ感がすごいよね。ビジュアルでキャラクターが成立してるって最高だと思うんだよ。なので髪色は全員違っていてほしいです(突然の要望)(なので新曲のジャケ写は完璧です)


weeeek
飛んだんですよ、自分的には!!!!!!!(あくまで自分的には)


NEWSKOOL
後ろに映ってた映像がポップで、ぎゃー!!かわいい!!ってなったんだけど、なんかこれどっかで見たことあるなーって思ったんだけど。にしても可愛かった。色味も写真も抜群のセンス。(あ、もしかして過去の使い回しだった?EPCOTIAしか知らないからわからーん、ごめんなさい)ラスト人文字でNEWSって作る演出も最高に可愛い。あそこのステージを真上から撮ってたけど、ここのカメラ他の曲でもたくさん使ったらいいのになと思った。私が覚えてないだけで使ってたかもしれないけど(笑)記憶が曖昧なんだけど、Sをやってるシゲさんを、「シゲのS!」って手越さん言ってなかった?なんか、すごい可愛いと思った。シゲのSだけどシゲのSではねぇよ?ここだったか自信ないけど、ステージ下の照明がNEWSのメンバーカラーになっていて可愛かったなぁ。メンバーカラー、可愛いよね。いっつも思う。可愛い色が残ったよね。(コラ)


U R not alone
え!?ここでこの曲!?と衝撃。まさかこんな序盤に持ってくるとは。いや、一体感は生まれるか。例えば、weeeekとかチャンカパーナとか、NEWSと言えばこの曲!と世間に認知されてる曲ってあると思うんですけど、U R not aloneもここに匹敵すると思うんですよね。同じだけの威力がある。発売してから毎回のようにライブでやってると思うんですけど、それすごく大事だと思う。この曲が聴けた!!NEWSのライブに来たぞ!!って、思えるくらいの価値があると思うんです。いわゆる、ファンが選ぶ名曲。その立ち位置の曲は大切だからこそ温存するんじゃなくて、大切だからこそ毎回歌っていかないといけない。
増田加藤が歌っているときは小山手越のうしろの画面にカメラで抜かれていて、小山手越が歌っているときは増田加藤のうしろの画面にカメラで抜かれていて、素敵だなと思った。ど真ん中じゃなくてあえて歌ってない人のうしろに歌っている人を映す。そして謎の小さなお立ち台的なものは一体。
と、ここまでDEAD END→weeeek→NEWSKOOL→U R not aloneと来て、ここの第1幕は声出し曲の寄せ集めということでいいでしょうか。見事に全部お客さんが声をあげたりジャンプしなきゃいけない楽曲で固められている。参加型ライブ。だとしたらU R not aloneで閉めるのは納得。


インビジブル ダンジョン
アルバムの中でいちばん好きな曲なのにいまだに曲名が言えません(覚えろ)
イン…イン……で、諦めてる、いつも。(それか、なんとかジョン)
イントロの英語の歌詞って歌詞カードには書いてなかったと思うんですけど、ステージ上の画面にメロディに合わせて歌詞を出していたはず。
すっごく好きなんだけど、すっごく好きだからこそ自分の中でイメージができあがってしまって、解釈が全く違っていて面白かったなぁ。こういう答え合わせがライブの醍醐味。
そして衣装がセンスの塊。いい意味で目を疑った。…毛?毛だよねあれ!?!?最初、遠目で見て、肩から布がぶらさがってんのか~~ヒラヒラしていいね~~とか思ってたら。思ってたら!!毛やんけ!!!!(笑)ううう~~好き~~~好き嫌いわかれそうな衣装だけど私はかなり好き。ていうか増田さんが作る衣装は基本的に私好み。ちょっとリズムをとるだけで揺れるから動きがあるように見えるし、メンバーそれぞれ色も違って素敵だし(毛先だけ色が違ったのは小山さんかな?)、一瞬ロングヘアーに見える感じがゲームのキャラにいそうで、まさに空想の世界。


Digital Love
巨大なゲーム画面とリンクしてNEWSが踊るデジタルラブ!!サビの振付がめっちゃ可愛い~~!!左右の画面に歌詞が出てたんだけど、その歌詞の出し方が、あのー、ゲーム中に出てくる台詞みたいなさ、あのー、どう説明したらいいかって話なんだけども(笑)すっごく可愛い世界観だった!!これはステージを真っ正面から見てこそだなと思った。2日目の席が真っ正面で最高だった。横からだと何がなんだかわからない。
そして手越祐也の可愛さ爆発してた。ていうか、フルじゃなかったよね??2番の小山さんが好きなのにー!!


I・ZA・NA・I・ZU・KI
こ、の、曲ねぇ…正直あんまり聴いたことなくて、これなんだろ?と思っていたことは、ここにだけ書いておきます…(苦笑)
ステージの上に水をはってその上で踊る演出は、うしろの画面に映る月夜の映像と合わさって幻想的でした。小山さんが蹴り上げた水がアリーナ席のお客さんにかなりの勢いでかかっていて、曲が終わった瞬間「やっば!!超ぬれたんだけど!!www」みたいな感じで笑いが起こっちゃって、次の曲に行くにあたりそこはちょっと残念だったかな(笑)だってあれしょうがないよね、笑うしかないじゃんね、アトラクションかよって(笑)


勿忘草
私、この曲大好きなんですよ。ほんっとに。まさか聴けるとは思わなかった…ありがとうNEWS!!!!(号泣)この曲を聴けただけでライブに来たかいがあった。手越さんの歌声で聴くたび泣く。今回のライブであらためて思ったけど、手越さんの歌声って圧倒的なんだよな。終わったあとも耳に残るし、心にも残る。圧倒的でした。


Symphony of Dissonanc(増田)
Thunderの続編か。と、思わざる得ない演出でしたね。ちょっと怖かった。
衣装も前回と同じような感じだった気がして、自分の心をさらけ出すときの勝負服なのかしらと思った。これが本当の自分です、と言いたげな白と黒。誰だってそうだよ、増田さんだけじゃない。
明晰夢に立て篭もろう」が、ずっと消えない。耳からも心からも消えない。
この歌は、メンバーへ向けたラブソングかな。


Going that way(小山)
おっと、ランウェイか???足が長すぎてたまアリの天井突き抜けてたぞ??(過剰)
爆イケとはまさにこのことで最高にかっこよかった。曲ももちろんだけど、衣装と髪色がもう最高で最強でしたね。断トツ、君が断トツだよ。小山、断トツ。断トツ小山。(?)髪色がすっごく似合っててもうそれだけで好きなんだけど、衣装がちょっとタートルネックっていうか首元まであるやつだったでしょう?それがもう超絶似合ってた。基本的にタートルネックって嫌いなんだけど(はっきり言う)これは許せたわ。だって似合ってんだもん。
サビの振付も、仙台公演に行っていたお姉様方から教えていただき練習していったので踊れましたよー!!楽しかったー!!やっぱ予習していくと違う!!(笑)
小山さん、この先もこういう曲やっていってほしい。声質が合ってると思う。歌い上げるんじゃなくて、歌いこなす曲を。是非この先も。

 

クイズ(映像)
日によってクイズが違うらしい。
内容が違っても結果的に増田の好感度があがる()


さくらガール
きっとあの大きな桜の木は、衣装から目をそらすためのものだったのだろう……。ってこっからの衣装評判悪いですけど、そんなに!?!?私、結構好きだけどな!!!!遠目で見たい人は遠目で見ることをオススメするような感じではあるけども…!(笑)めっちゃめーーーっちゃ目を細めると和柄に見えますよ(これはあなたの努力次第)でも私は好き。小山さんがいちばん似合ってたかな、形が。増田さんは安定で、手越さんとシゲさんは逆のほうが似合ってたかもしれないな。
さくらガール、好きだから聴けて嬉しかったなー。


恋を知らない君へ
目に見えた演出すべてが、新しい物語の提示だった。この歌って結構固まったイメージがすでにあると思うんだけど、それとは違う全く物語をNEWSから渡された感覚。なるほどねぇ、って数ある選択肢のひとつって思って自然に受け止めていたい。私、普段この歌を聴くことってあんまりなくて。でも最近、好きな写真家さんがいるんですけど、その人が撮った写真を見てたときになぜかこれが頭の中で流れてきたんですよ。しかも泣きそうになっちゃって。あぁ、情景は自分で見つけるべきだなと思ったんですよ。固まったイメージのせいで聴くチャンスを潰すのは危ないかもね、ってなんの話だこれ。


リボン
歌がうまいです、NEWSさんは。本当に。


サンタのいないクリスマス
WORLDISTAの世界観に合ったデジタルな色のクリスマスツリーがステージの真ん中に。そのツリーの前に4人が並んで座りながら歌う姿が素敵だった。
さくらガールからサンタのいないクリスマスまでの並びは、なぜこの曲たちなんだろう?と不思議で、これは一人の女性の人生を表してる?とかいろいろ考えて歌詞を検索してみた結果、この4曲って作詞作曲が全部同じ作家陣なんですね…!!!!そういうこと!?!?そこで合わせたとか??


MC
2日目のMCが最高に面白すぎた。んだけど、面白すぎて書き起こせないのでこれだけ。
「人生楽ありゃ苦もあるさ、乾杯!!」byシゲアキ


DoLLs(手越)
手越祐也」という作品、最強でしかない。これが彼の生まれ持った使命、って感じよ。存在が天才なんだよ、彼は。操られて鎖につながれて閉じ込められて自由を失って、もがき苦しむ。何より手越祐也に似合わない世界観で、何より手越祐也にしか似合わない世界観。その矛盾をこちら側に受け入れさせるだけの説得力があるって、やばくない??普通にやばくない??何者??
ピンクの髪色とカラコンと顔の良さがかけ合わさって二次元かよって。そして衣装が似合いすぎてしまう手越さん。恐るべし。ソファの上で膝を抱える場面があったでしょう、おぬしわかってんな~~と思ってひれ伏したよ。ワイはひれ伏した。(マジで)
一曲の中で顔にペイントしていって、ラストにはそれを自ら拭き取るという。しかも拭き取ってもちょっと汚くなる感じが良かったな~~。
なんかもう…手越祐也を好きな私って超センスある~~~~って自己肯定力さえも伝染させてくるから手越祐也やばい。(やばい)
NEWSを好きな私って超センスある~~~~って本気で思うから要するにNEWS自体がやばい。(やばい)


世界(加藤)
世界の世界観ってすごく単純なものなはずなのに、加藤シゲアキが小説家であるが故にめっちゃ難しい歌になってんのが、加藤シゲアキだなって思う。(褒めてる)
アルバムを聴いた段階で、ギター弾くかなぁ?いや~弾かないか~~と半ば諦めていたんですが。もう、目を疑いましたね。マジか、と。おぬしやってくれたなと。もう最高~~~~!!!!愛してる~~~~!!!!(笑笑)ごめんなさい、こんなテンションの曲じゃない(笑)
見ました?画面に映る文字の左揃え!!マジ加藤シゲアキ。絶対ひねくれた人だなこの人、みたいな。そこが好きでたまんない。左右の画面に色のない自分と、真ん中に歌詞と。そして降り注ぐ水と。1羽のルリビタキと。飾り気のない衣装に、椅子に座り足を組んでギターを弾く姿。これで、何かが伝わらないことなんて無い。何が伝わるかは受け取った人の分だけ数はあるけど、何も伝わらない、ってことは無い。
この曲を初めて聴いたとき、手越さんと真逆で今の時代にあった流行りの曲を書く人なんだなって思ったんですよ。(手越さんは一昔前の曲を書く人だなと思った)でも歌詞を見ると、作詞家ではなくあくまで小説家なんだなって。そこが最高に好きなんですけどね。だってもう、最高にひねくれてるでしょ?(褒めてる)


Strawberry
メンバー手書きの歌詞が人間味あふれて好き~~!!!!そしてみんな字が綺麗!!!!それだけで好感度あがっちゃう!!!!(単純)2日目の手越さん、他のメンバーが歌っているとき手をブラブラさせてて、それがめっちゃくちゃ可愛かった。なんて楽しそうなんだろうって。あ、小山さん歌詞間違えてた?のか、単に声が出なかったのか?


「生きろ」
今まで散々画面上に歌詞を出してきたくせに、いちばんと言っていいほどのメッセージソングで歌詞を出さない彼らの本気度。イントロで4人が集まってきて目線を交わす場面、やっと生で見ることができた…とゾクッとした。曲が終わって「生きろ」というタイトルを背負って立つNEWS。白と黒のシンプルさがジャケ写みたいでグッときました。「いいさ 懸命に誓った 仲間の絆を 道しるべに」ここを歌うのが増田さんってとこなんですよ。いや、いろいろあったじゃないですか。そのときにたくさん目にしたんです。ファン以外が言う「増田くんには幸せになってほしい」って言葉、クソ腹立ったんすよ。外野は黙ってろよって。ファンは何言ったっていいと思うの。ファンなんだから。今まで向き合ってきたんだから。向き合ったこともない奴らが口出しすんじゃねぇよって思ったんですよね。何よりその言葉が、NEWSとして生きてきた増田貴久の人生を侮辱しているようで。って、ここで書くつもりじゃなかったんですけど…つい。ごめんなさい。蒸し返すようなことして。


CASINO DRIVE
ここまで人間の心の葛藤とか心情を歌う曲が続いてきて、ここでCASINO DRIVE!?って感じだったんですけど、一緒にいった人が「ゼロ繋がりじゃない?」と言っていて、え?そういうこと!?と妙に納得したんですが、どうなんでしょう(笑)人生そんな甘くねぇよって??おう、お前らに言われると説得力があるな!!ハハッ!!(口を閉じてくださーい警察来ますよ~~)(ウゥーーーー)
小山加藤と手越増田とステージ上下でわかれる立ち位置がなかなか新鮮で良かった。そしてやっぱりコンビとかシンメとかって並んでるだけで安定感抜群。Aメロの小山さんが好き。


EMMA
この曲大好きなんだけどまさかトロッコ曲にするとは思わなかった。画面にMVが流れてたけど、あの頃の治安の悪さやべぇなww NEWSってそんなにビジュアル変わってるイメージなかったけど、今より何倍もチャラついてんな~~と思った。


BE FUNKY
EMMAからの数曲トロッコやリフターで会場全体をまわるけど、メンバー全員見てもやっぱり手越さんって凄いんだなって思いました。あの笑顔。嫌でも記憶に残るよ。なんかなぁ、やっぱりなぁ、そこなんだろうなぁ。笑顔って最強の武器なんだなぁ。アイドルに笑顔を向けられることって、こんなに嬉しいものなんだ!って再確認した。アイドルの笑顔は何にもかなわないよ。幸せになれる。…ってあれ、BE FUNKYの感想のはずが(笑)


四銃士
ここにこれを挟む意味なぁ…………(口を閉ざしますね)


MR.WHITE
ちょっと…びっくりするぐらい記憶が無い…(爆笑)え?この曲やったっけ??って本気で思ってる…自分に引いてる…なんでだろう。てことで飛ばす!!記憶がねぇもん!!(涙)


トップガン(新曲)
ドラマの主題歌らしいけどそのドラマを一度も見たことがなかったので、実はライブで初めて聴いたんですけど、一発で好きになった!!ライブが終わってからもこの曲が頭から離れなかったもん。振付もポップで好きだったなー!!早く音楽番組で披露してほしい!!
このあとのINTERでダンスレクチャーがあったと思うんですけど、全部やってくれよ!?なぜ途中から教えた!?わっかんねぇよ!!と、グチグチ言ってました。すいません(笑)でも覚えらんないよ~~せっかくなら覚えたいじゃん!?


FIGHTERS.COM
加藤シゲアキ、イケ散らかしてた~~~~!!!!
見ました????この曲んときのシゲアキ見ました????
みんなイケ散らかしてたけど、でもやっぱこの曲は増田貴久ぶっちぎるって感じ。2日目がとくに好きだった。荒々しくて、うわっ、やられるっ!!と思った。このラップをこういう歌い方できるって相当よ。すげぇよ。そんでヒョウ柄×フード×サングラスって…もう好きしか詰まってない。
ここの衣装も、前のブロックの衣装もそうだけど、増田さん特有の生地たくさん使ったり、みんな同じ形のだぼっとしたオーバーサイズのコートみたいな衣装、私すっごくすっごく好きなんですよ。だからこの先もこの形の衣装は作り続けていただきたい!!!!!マジで!!!!!お願いします!!!!


Wonder
なんだかんだ言ってこの曲がいちばんかっこよかったかも…(笑)すごくかっこよかった。っていう印象しかない。早く映像化しないかな。(気が早い)(でももっかい見たい)


SPIRIT
ライブに行って好き度が増した曲。曲だけだとあんまりスーッと入ってこなくて、これはライブで聴くべきだなと思った。うしろの画面がすごく綺麗だなと思ったんだけど、この曲だったかな。BLUEだったかも?


WORLD QUEST[R-midwest Remix]
あ、このリミックス超良かった!!少年のところで鼻の下に指をススッとする手越さんを見ることができたのがいちばんの収穫です(笑)私、この曲めっちゃ好きなんですよ。ちょっとグッとこない?泣きそうにならない?私だけか…そうか…(誰も何も言ってないですよ)


ONE -for the win-
このWORLD QUESTからのつなぎ、絶妙すぎない??しびれた~~!!!!こういうの大好物なんすよ!!!!フゥウウゥ~~ッ!!!!!!って声上げそうになった(嘘)


BLUE
タオルを持ってなかったのでペンライトをぶん回しました(言い方)(ぶん回してはいない)と、ここまでサッカーのテーマ曲ブロックか。


Love Story(新曲)
激かわの極み。(だから言い方)
左右の画面にNEWSに恋してのキャラクターが出てきてめっちゃ可愛かった!!そしてあの大草原パーカーを着こなせるのはやっぱ本人たちだけだったか…(笑)結局買わなかったんだよなぁ、買えば良かったかなぁ(と今さら後悔)「また明日ね」で可愛い顔して両手で手を振る手越さん、はぁ~~~~って頭抱えるくらい可愛かったよ。

 

 

 

 

最後の最後にシゲさんが愛してるよって言ってくれたのでもう言うことはないです。私も愛してるんで。

 

以上!(終わり方が雑)

 

 

 

 

 

なんだかとても不思議なライブでした。経験したことのないような。
誤解を恐れずに言うと、このライブっていつ終わるんだろう?今どこにいるんだろう?という感覚。一般的なライブってわかりやすい波があって、あぁ終わっちゃう…って感覚でわかると思うんですけど。今回それが無かった、というか。え?今どこ?と迷子になるような。
でもこれ、後でセットリストだけ見ると完璧なんですよ。びっくりするぐらい完璧な曲順だと思うんですよ。でも、でも、体感としてはちょっと違う。なんかもう、なんだったんだろうって感じ(笑)

 

 


でも、仮想空間なら。
これがWORLDISTAの世界なんだとしたら。
NEWSはきっと裏でニヤついているのかもしれませんね。まんまとハマってくれたな、と。

 

 

 

 

 

ってことはNEWSの勝ちかーーーー!!!!降参!!!!

 

 

 


そういえば、SはシゲのSじゃありませんでしたね……(当たり前じゃ)(贔屓が過ぎるわ)